So-net無料ブログ作成

蔦の紅葉 [風景]

自宅に隣接する知り合いの小さな駐車場、アスファルト舗装とコンクリート塀の隙間に生
えた ど根性蔦(ツタ)が夏の間成長し続け最近になって紅葉してきました。 垂直で凹凸の
ない平らなコンクリート塀にぴったり吸い付くように我慢と根性で蔓を伸しています。
菜園でつくる野菜は強風雨や病虫害に弱く過保護で育ちますが、自然の中の動植物は自然
に順応して逞しく生命力を感じます。

1-17.12.12 蔦の紅葉-1.jpg
1-17.12.12 蔦の紅葉-2.jpg
1-17.12.12 蔦の紅葉-3.jpg

11月10日記事 干し柿づくりをして約1ヶ月、試食 試食を繰り返してきましたが この
程食べ
頃となったのでロープから外し冷凍保存しました。 生の柿が無くなる時期を過ぎ
てから
解凍して食べることにします。 昨年に続いて今年も上手く仕上がりました。

1-17.12.12 干し柿完成.jpg

nice!(139) 
共通テーマ:日記・雑感

完熟みかん [風景]

一昨日郊外を走っていると道沿いの畑にみかんが鈴生りになっていました。こちらは和歌
山県、みかんの本場ですが晩生のみかんも12月中には殆ど収獲が終わります。今の時期
まで木に生ったまま置いておくと完熟し大変美味しく食べられるだろうな~と思いながら
写真だけ撮らせてもらいました。
その近くの物置の軒先で彼岸花にそっくりと思われる花を見付けました。彼岸花にしては
花の咲く時期が遅くネットで調べてみると 「ネリネ」ではないかと思います。 別名 ダイ
ヤモンドリリーと言うそうです。
彼岸花科 ネリネ属 南アフリカ原産 彼岸花より2ヶ月位遅れて開花するそうです。

1-17.12.09 みかん-1.jpg
1-17.12.09 みかん-2.jpg
1-17.12.09 みかん-3.jpg 1-17.12.09 みかん-4.jpg
1-17.12.09 ネリネ.jpg
             ↑  ネリネ (彼岸花科 ネリネ属)

自宅の庭で今見頃になったサザンカです。毎年花をつけますが、今年は一段と沢山咲きま
した。   今年もあと3週間になりました、庭木の剪定も本職さんに依頼していますがまだ
来てくれません。年末の庭掃除と兼ねて来てくれればと思っています。

1-17.12.09 自宅のサザンカ.jpg
              ↑  自宅のサザンカ

nice!(139) 
共通テーマ:日記・雑感

銀杏の大木 [風景]

11月27日は雲1つない良いお天気、風もなく暖かかったので 実家への所用も兼ねて
杏の大木が黄葉しているのを見に行って来ました。所在地は和歌山県伊都郡かつらぎ町.丹
生酒殿神社、丁度黄葉し民家から大きく頭を出していて遠くからでも一目でわかります。
良いお天気と黄葉の見頃とあってカメラマンが既に4人、思い思いにシャッターを切って
いました。幹周5.26m 樹高25m 樹齢は300年以上と言われていますがよく分り
ません。

1-17.12.03 三谷の銀杏-1.jpg
1-17.12.03 三谷の銀杏-2.jpg
1-17.12.03 三谷の銀杏-4.jpg
1-17.12.03 三谷の銀杏-5.jpg
           ↑  丹生酒殿神社 (ニュウサカドノジンジャ)
1-17.12.03 三谷の銀杏-6.jpg
             ↑  遠くからでもよく見える銀杏

   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[いただきもの]
銀杏の写真を撮ったあと兄のいる実家に立ち寄りました。兄も高齢ですが大変元気で今み
かんの収獲最中だと言っていました。
先日はキウイを届けてくれたのですが、今度はみかんを10Kg  サツマイモも沢山もらっ
てきました。サツマイモは焼き芋にしていただきます。 品種は味が最高と言われる鳴門
金時、早速賞味していますが寒くなっての焼き芋は最高です。

1-17.12.03 みかん.jpg
         ↑ ↓   実家が栽培したミカンとサツマイモ
1-17.12.03 サツマイモ.jpg


nice!(149) 
共通テーマ:日記・雑感

和歌山(城)公園.西之丸庭園の紅葉.その2 [風景]

11月28日の記事、和歌山(城)公園.西之丸庭園の紅葉 の続きです。
こちらでの紅葉は昨年より約1週間早く見頃を迎えました。今年は台風も接近しましたが
特に被害もなく紅葉も例年どおり綺麗に色付き、特に外国から来られたお客さんに喜ばれ
たようでした。
私はほとんど毎日散歩して見ていますが、26日と28日の2日にわたってもみじ渓庭園
の紅葉と南堀(空堀)などの銀杏をカメラに収めました。
また、両日ともお天気がよく結婚記念写真の屋外での前撮りをしているカップルに出会い
「おめでとうございます、綺麗です、お幸せに」などとともに1枚撮らせて下さいと声を
かけると、どのカップルもどうぞどうぞと言って気軽に撮らせてくれました。
以上で和歌山(城)公園の紅葉の記事を終わります。最後までご覧いただき有り難う御座い
ました。

1-17.11.30 和歌山城公園の紅葉-1.jpg
1-17.11.30 和歌山城公園の紅葉-2.jpg
1-17.11.30 和歌山城公園の紅葉-3.jpg
1-17.11.30 和歌山城公園の紅葉-4.jpg
1-17.11.30 和歌山城公園の紅葉-5.jpg
1-17.11.30 銀杏の黄葉-1.jpg
              ↑  南堀(空堀)の銀杏
1-17.11.30 銀杏の黄葉-2.jpg
              ↑  北堀沿い歩道の銀杏
1-17.11.30 結婚写真の前撮り-1.jpg
        ↑ ↓  結婚記念写真の前撮り.Aカップル
1-17.11.30 結婚写真の前撮り-2.jpg
1-17.11.30 結婚写真の前撮り-3.jpg
                ↑  Bカップル

nice!(143) 
共通テーマ:日記・雑感

和歌山(城)公園.西之丸庭園の紅葉.その1 [風景]

私の年間を通しての散歩コース、和歌山(城)公園.西之丸庭園 通称もみじ渓庭園の紅葉
見頃になりました。この西之丸庭園は国指定名勝にも選定されており、和歌山市の中心地
の街中にありながら、特にもみじは見事な紅葉を見せてくれます。
また、観光バスで和歌山城にお越しになる方は駐車場から天守閣への通路にあたり、近年
一層多くなった外国からのお客さんも この紅葉に釘付けになっている様子です。私は26
日 散歩を兼ねて写真を撮りましたが今週一杯が見頃ではないかと思います。
沢山撮りましたので2回に分けて記事にさせていただきます。

1-17.11.28 和歌山城公園の紅葉-1.jpg
             ↑  右の建物は茶室です
1-17.11.28 和歌山城公園の紅葉-2.jpg
1-17.11.28 和歌山城公園の紅葉-3.jpg
1-17.11.28 和歌山城公園の紅葉-4.jpg
1-17.11.28 和歌山城公園の紅葉-5.jpg
1-17.11.28 和歌山城公園の紅葉-6.jpg
1-17.11.28 和歌山城公園の紅葉-7.jpg
1-17.11.28 和歌山城公園の紅葉-8.jpg
1-17.11.28 和歌山城公園の紅葉-9.jpg
1-17.11.28 和歌山城公園の紅葉-10.jpg

nice!(127) 
共通テーマ:日記・雑感

高野山の紅葉. その2 [風景]

高野山の紅葉. その1 の続きです。

11月2日、この日自宅を6時30分に出発し現地 高野山についたのは8時、駐車場は平
日でもありガラガラ、お天気は雲一つない快晴、気温はよくわからなかったが かなり冷え
込んでいたもよう。
金剛峯寺前第2駐車場に車を停め、霊宝館周辺、中門から根本大塔、東塔周辺を歩き、最
後は金剛峯寺にお参りして駐車場に戻りました。時間は10時前、奥の院に行こうかと思
いましたが、この時点で駐車場は満車の状態、奥の院は諦めて帰宅の途につきました。

いいお天気で良かったのですが、高野山では高い樹木が多く木漏れ日となったコントラス
トの強い被写体で写真撮影としては難しい条件でした。
以上で2回に分けて記事にした高野山の紅葉を終わります。最後までご覧いただき有り難
う御座いました。

1-17.11.07 高野山紅葉-1.jpg
1-17.11.07 高野山紅葉-2.jpg
1-17.11.07 高野山紅葉-3.jpg
1-17.11.07 高野山紅葉-4.jpg
1-17.11.07 高野山紅葉-5.jpg
                 ↑  僧侶の朝の巡回おつとめ
1-17.11.07 高野山紅葉-6.jpg
1-17.11.07 高野山紅葉-7.jpg 1-17.11.07 高野山紅葉-8.jpg
1-17.11.07 高野山紅葉-9.jpg
1-17.11.07 高野山紅葉-10.jpg
1-17.11.07 高野山紅葉-11.jpg
         ↑  最後に総本山金剛峯寺にお参り(山門前の紅葉)

nice!(151) 
共通テーマ:日記・雑感

高野山の紅葉. その1 [風景]

11月2日、高野山の紅葉を見に行って来ました。高野山とは山の名前ではなく地名で正
式には和歌山県伊都郡高野町高野山。標高900m の山上に開けた宗教都市です。 平野
部とは7~9度も気温が低く昼夜の寒暖差が大きいことから紅葉の色が冴え見事な紅葉が
見られます。毎年11月3日の祭日前後が見頃で今年は3連休のため車と観光客で溢れか
えるものと思います。
私は2日の平日に行き10時頃には帰宅の途につきましたがその頃には駐車場は満車の状
態でした。それなのに山上に登ってくる車は数珠つなぎ、どこに車を停めるのかと心配し
ながら帰って来ました。紅葉の見頃3連休はお天気も良さそうです。
写真は金剛峯寺、根本大塔、霊宝館 周辺です。ブログは2回に分けて記事にします。

1-17.11.04 高野山紅葉-1.jpg
1-17.11.04 高野山紅葉-2.jpg
              ↑  東塔
1-17.11.04 高野山紅葉-004.jpg 1-17.11.04 高野山紅葉-005.jpg
      ↑  根本大塔          ↑  僧侶の朝の巡回おつとめ
1-17.11.04 高野山紅葉-5.jpg
1-17.11.04 高野山紅葉-6.jpg1-17.11.04 高野山紅葉-008.jpg 1-17.11.04 高野山紅葉-009.jpg
1-17.11.04 高野山紅葉-9.jpg
1-17.11.04 高野山紅葉-10.jpg
1-17.11.04 高野山紅葉-11.jpg

高野山の紅葉. その2 (11月7日) に続きます。

nice!(158) 
共通テーマ:日記・雑感

生石高原のすすき [風景]

和歌山県紀美野町と有田川町の町境にある県立自然公園 生石高原に すすき を見に行って来ました。この生石高原は生石ヶ峰(標高870m)を含め西側一帯に広がるすすきの高原で近畿地方では最も名が知られています。

私は毎年ハイキングを兼ねて家内と出かけているのですが、今年は10月中旬の雨続きで約2週間遅くなりました。でもすすきは見頃で平日ながら大勢の人が詰めかけ駐車場はほとんど満車の状態でした。昨年とやや違ったのはすすきの草丈が低く穂先もやや小さい感じがしました。今年の天候が影響したのかも知れません。最高峰 生石ヶ峰に通じる散策路の両側にはリンドウが沢山咲いていました。

1-17.10.29 生石山のすすき-1.jpg
1-17.10.29 生石山のすすき-2.jpg
1-17.10.29 生石山のすすき-3.jpg
1-17.10.29 生石山のすすき-4.jpg
1-17.10.29 生石山のすすき-5.jpg
            ↑  最高峰生石ヶ峰、標高870m
1-17.10.29 生石山のすすき-6.jpg
                    ↑  イナゴ  ? バッタ ? 
1-17.10.29 リンドウ-1.jpg 1-17.10.29 リンドウ-2.jpg
              ↑   リンドウ   ↑
1-17.10.29 生石山のすすき-7.jpg
            ↑  主峰 生石ヶ峰に向かって歩く
1-17.10.29 生石山のすすき-8.jpg
            ↑  展望台から西側のすすき

   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

[家庭菜園] 一昨日の収獲 : 大根(初収獲)    ホウレン草

1-17.10.29 昨日の収獲.jpg



nice!(138) 
共通テーマ:日記・雑感

和歌山港の夕暮れと自宅庭先の花 [風景]

毎日雨が続くとブログもネタ切れになってきます。家庭菜園にも行けないし散歩もできま
せん。こんな時にと録画していた時間潰しのテレビ番組もなくなってきました。
そんなことで、今日は過日撮っておいた自宅から車で7~8分のところにある和歌山港の
夕暮れと自宅の庭で今咲いている花でお茶を濁します。

1-17.10.17 和歌山港の夕暮れ.jpg
             ↑  和歌山港の夕暮れ
1-17.10.17 コリウス.jpg 1-17.10.17 犬サフラン.jpg
           ↑  今 自宅の庭で咲いているコリウス(左)犬サフラン(右)  ↑

nice!(146) 
共通テーマ:日記・雑感

彼岸参りで見付けた実家周辺の秋景色 [風景]

秋分の昨日23日、私と家内の実家に2人揃って彼岸のお墓参りをしてきました。
無料の高速道路が開通しているのですが1時間で行ける距離、敢えて一般道路を走り周囲
の秋景色を見ながらのドライブとしました。
周囲の田畑では稔りの秋 稲穂が黄色く頭を垂れ、小規模農家では既に稲刈りを済ませ天日
干ししているところもあります。 先日の18号台風で倒されている稲もありましたが全般
的には今年も豊作の様子でした。
いつものことながら田圃の畦には彼岸花が沢山咲いていました。 秋の果物も色付きはじめ
収穫の近いことがわかります。 農家にとって一番嬉しい収穫時期、忙しくなり始めている
様子でした。

1-17.09.24 稲穂-1.jpg
             ↑ ↓  頭を垂れた稲穂
1-17.09.24 稲穂-2.jpg
1-17.09.24 稲の天日干し.jpg
          ↑  刈り取った稲の天日干し(小規模農家)
1-17.09.24 彼岸花21.jpg
              ↑ ↓ ↓  彼岸花
1-17.09.24 彼岸花22.jpg
1-17.09.24 彼岸花23.jpg
1-17.09.24 早生みかん.jpg
               ↑  早生みかん
1-17.09.24 平核無柿.jpg
               ↑  平核無柿
1-17.09.24 キウイ.jpg
                ↑  キウイ
1-17.09.24 リンゴ.jpg
            ↑  和歌山県では珍しい林檎
1-17.09.24 ザクロ.jpg
                ↑  ザクロ
1-17.09.24 イチジク.jpg 1-17.09.24 つゆくさ.jpg
      ↑  イチジク             ↑  ツユクサ
1-17.09.24 ハボタン.jpg
           ↑  お正月の飾り、葉ボタンの栽培
1-17.09.24 ダリア.jpg 1-17.09.24 コスモス.jpg
       ↑  ダリア            ↑  コスモス
1-17.09.24 飼猫.jpg
              ↑  実家の飼猫

nice!(146) 
共通テーマ:日記・雑感

奈良県野迫川村の雲海 [風景]

台風18号は九州から四国を縦断し、9月17日22時頃、兵庫県明石市付近に再々上陸
しました。こちら和歌山市では暴風圏内に入り、かつ 進行方向の右側になったため、台風
特有のゴーゴーという暴風で最大風速38.4mを記録、近年にない強い台風となりました
テレビでは大雨による被害が報じられていましたが、こちらでは風が強く雨は大したこと
はありませんでした。

9月13日、奈良県と和歌山県の県境へ雲海を見に行ってきました。
自宅を3時30分に出発し現地に着いたのが5時過ぎ、既に5~6人のカメラマンが待ち
構えていました。当方も三脚を立て日が出るまでの約45分、雲海を追ってシャッターを
押し続けました。
朝日の出る遠くの山なみに雲がかかっていたのが残念でしたが、空振りに終わらなかった
だけでも幸いでした。その後高野龍神スカイラインを走り有田川町経由で帰宅しました。

1-17.09.18 雲海-1.jpg
       ↑ ↓ ↓ ↓  和歌山奈良県境から奈良県野迫川村の雲海
1-17.09.18 雲海-2.jpg
1-17.09.18 雲海-3.jpg
1-17.09.18 雲海-4.jpg
1-17.09.18 雲海-7.jpg
           ↑  雲海を狙って集まったカメラマン
1-17.09.18 雲海-5.jpg
                          ↑ ↓  高野龍神スカイライン途中での雲海
1-17.09.18 雲海-6.jpg


nice!(152) 
共通テーマ:日記・雑感

秋らしく [風景]

こちらでの最高気温が30℃程度 最低気温が20℃程度になり過ごしやすくなりました。
すすきが穂を出し、コスモスが咲き、空には羊雲、東京に比べ暑かった気候も9月に入っ
てやっと秋らしくなり働き続けたエヤコンもお休みが多くなりました。
昨日は曇りがちで夕方から小雨になりましたが、これから一雨ごとに一層秋らしい気候に
なり蒸し暑さから解放されると思うと嬉しくなってきます。

1-17.09.06 ススキ.jpg
                  ↑  ススキ
1-17.09.06 コスモス-1.jpg 1-17.09.06 コスモス-2.jpg
              ↑   コスモス   ↑             
1-17.09.06 高積雲(ひつじ雲).jpg
            ↑  我が家の上に出たヒツジ雲

nice!(150) 
共通テーマ:日記・雑感

和歌浦湾のヨット [風景]

一昨日の外気温はやや低かったように思いましたが それでも真夏日、8月の東京に比べ
こちらは例年どおり暑い暑い夏を過ごしました。 昨日は8月最後の日曜日、学校の新学
期が既に始まっているところもありますが、夏休みの最後を楽しんでいる人もあるよう
でした。広い和歌浦湾、風をうけて疾走するヨットや水上バイクが走り回っていました。
外気温は高いが空には秋を思わせる雲も見られるようになりました。

1-17.08.28 ヨット-1.jpg
             ↑ ↓ ↓  和歌浦湾のヨット
1-17.08.28 ヨット-2.jpg
1-17.08.28 ヨット-3.jpg
1-17.08.28 水上バイク.jpg
               ↑  水上バイク
1-17.08.28 ウェイクボード.jpg
              ↑  ウェイクボード
1-17.08.28 巻雲.jpg
             ↑  空には秋らしい雲も  

   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

[頂き物] いつも果物を届けてくれる現職時代の親友が今年2度目の梨を持って奥様と
     ともに尋ねてきてくれました。 自家栽培の完熟した梨 幸水、瑞々しく最高
              に美味しいです。

1-17.08.28 梨幸水.jpg

nice!(148) 
共通テーマ:日記・雑感

紀の川の井堰 [風景]

紀の川 は奈良県を源に和歌山県北部を横断して紀伊水道に注ぐ1級河川で、有吉佐和子
の小説「紀の川」でご存知の方も多いと思います。 なお奈良県内では吉野川とも呼ばれ
ています。 その紀の川には灌漑用の井堰がいくつもあり、紀の川平野の田畑を潤い、ま
た上水道や工業用水道の水源としてなくてはならない重要な河川になっています。

夏の暑さも治まり始めるという処暑も過ぎましたが、こちらはまだ連日 真夏日や猛暑日
が続いています。 暑さ寒さも彼岸までとも言いますから本当に涼しくなるのは あと1ヶ
月の辛抱かと秋の来るのを待ちわびています。
井堰から流れ落ちる水流に涼しさを感じ高速シャッターで撮ってみました。

1-17.08.25 井堰-1.jpg

1-17.08.25 井堰-2.jpg

1-17.08.25 井堰-3.jpg


nice!(147) 
共通テーマ:日記・雑感

太公望 [風景]

和歌山県岩出市と紀の川市の境界に釣り堀用の溜め池があり、へら鮒 釣りをする人でいつ
も賑わっています。 水の上とは言え真夏日や猛暑日であっても日傘を差し並んで釣りをし
ている姿を見ると、釣りの醍醐味を知る人には堪えられない魅力があるのだと思います。
でもこの暑さで熱中症にならないかと余計な心配をします。

1-17.08.04 太公望-1.jpg
1-17.08.04 太公望-2.jpg
1-17.08.04 太公望-3.jpg

   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

[家庭菜園] 昨日の収獲 : トマト  キュウリ

1-17.08.04 昨日の収獲.jpg

nice!(141) 
共通テーマ:日記・雑感

休祭日の海辺 [風景]

真夏日が続き大暑も近い3連休、海辺は涼を求める若い人達で賑わっていました。
ここ 和歌山市の浜の宮海水浴場では海水浴と併せ水上バイクが走り回っています。 遊泳
区域とは区別しているようですが、今年に入って既に異常接近による事故が起きているよ
うです。7月19日近畿地方に梅雨明け宣言があり、これから海辺は一層混雑します。楽
しい水遊び、事故の無いよう願いたいものです。

1-17.07.20 休日の海-1.jpg
1-17.07.20 休日の海-2.jpg
1-17.07.20 休日の海-4.jpg
1-17.07.20 休日の海-5.jpg
1-17.07.20 休日の海-6.jpg
1-17.07.20 休日の海-7.jpg
1-17.07.20 休日の海-8.jpg
              ↑  水上バイク異常接近 間一髪セーフ
1-17.07.20 休日の海-9.jpg

   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

[家庭菜園] 昨日の収獲 : キュウリ トマト ミニトマト モロッコインゲン
              モロッコインゲンは終わりに近づきました。

1-17.07.20 昨日の収獲.jpg

nice!(136) 
共通テーマ:日記・雑感

棚田風景 [風景]

もう何回もご紹介していますが和歌山県有田川町の棚田 "あらぎ島" の田植えが終わって
いる頃と思って時間潰しのドライブに行ってきました。
この あらぎ島 は全国棚田100選にも選ばれている素晴らしい景色で展望台も設置され、
特に田植え時期と秋の稲穂の色付いた時期はカメラマンに喜ばれ、この時期は何時行って
も何人かのカメラマンに出会います。
私ももう10回位は行っていると思うのですが、また秋にも行きたい気がします。 今回は
同じ町内に規模は小さいが他の棚田がありますので立ち寄ってきました。でも、農村も過
疎化、高齢化で昨年まで田植えしていたと言う棚田も稲の植えていない田んぼもありまし
た。そんな遊休田を、都会(大阪府)の人が無料で借り受け趣味で米作りをしている人もい
るそうで町や農家にとっても一石二鳥だと話していました。
1-17.06.14 あらぎ島-1.jpg
            ↑ ↓  棚田100選の あらぎ島
1-17.06.14 あらぎ島-2.jpg
1-17.06.14 棚田-1.jpg
         ↑  都会の人が借地して米作りをしている棚田
1-17.06.14 棚田-2.jpg
  ↑ 海抜500mぐらいと思われる天空の棚田、田植えしているのは最上段の1枚のみ
1-17.06.14 棚田-3.jpg
        ↑ ↓  帰り道見付けた田植え直前の棚田(紀美野町)
1-17.06.14 棚田-4.jpg


nice!(146) 
共通テーマ:日記・雑感

水上バイク [風景]

今年の6月は真夏日になった地方もあり暑かったですね。 こちらでは真夏日にはならな
かったものの30℃近くまで上昇し、早くもエヤコンのお世話にもなりました。

こんな暑い日が続いた日曜日にはマリンスポーツのメッカ、和歌山市浜の宮海水浴場沖で
は早くも水上バイクが登場しスリルと涼感を楽しんでいました。

まだ海水浴客は殆どなく水上バイクは我が物顔で走り回っていましたが、バイク同士のニ
ヤミスもあり見ている人達も一瞬ひゃっとさせられました。スリルを楽しんでいるのかも
知れませんが、同じ海域でウインドサーフィンも楽しんでいる人が多く、事故のないよう
にしてほしいものです。

1-17.06.02 水上バイク-1.jpg
1-17.06.02 水上バイク-2.jpg
1-17.06.02 水上バイク-3.jpg
1-17.06.02 水上バイク-4.jpg
1-17.06.02 水上バイク-5.jpg
1-17.06.02 水上バイク-6.jpg
1-17.06.02 水上バイク-7.jpg
                                     ↑ 水上バイクのニヤミス
1-17.06.02 水上バイク-8.jpg
1-17.06.02 水上バイク-9.jpg
1-17.06.02 ウインドウサーフィン.jpg
            ↑  同じ海域でウインドサーフィン


nice!(136) 
共通テーマ:日記・雑感

干潟とアオサギ [風景]

和歌山市の南部、和歌川の河口には干潮時 大きな干潟が出来、潮の流れに沿った面白い
曲線を見せてくれます。
また、潮の残ったところにいる小魚を狙ってアオサギ等が集まってきます。

数年前まではこの干潟で潮干狩も行われていたのですが現在は中止されています。でも地
元の方などで再度 潮干狩を復活しようと試みているそうです。

1-17.03.29 干潟.jpg
               和歌川河口の干潟、右の建物は観海閣

1-17.03.29 アオサギ-1.jpg

             ↑ ↓ ↓ ↓  アオサギ

1-17.03.29 アオサギ-2.jpg

1-17.03.29 アオサギ-3.jpg

1-17.03.29 アオサギ-4.jpg


nice!(127) 
共通テーマ:日記・雑感

農村風景 [風景]

先日 田舎の実家に帰ったとき道端で脱穀の終わったあとの稲藁のススキを見付けました。

昔は田んぼの中に ごくありふれた風景で初冬の風物詩でしたが、今は見ることがほとん
どありません。それは稲の収穫 脱穀は機械化されほとんどがコンバインで行われるため
稲の姿のままの稲藁が出来なくなっているからです。

稲藁は畳の床に使ったり、お正月のしめ縄、畑のマルチ代わりなどに使い今ではちょっと
した貴重品扱いにもなっています。需要が少なくなったとは言え稲藁も大切な資源、消え
ゆく農村風景としても できればいつまでも残しておいてほしいものです。
  
傍では菜の花が沢山咲いていました。

1-17.02.22 ススキ.jpg

              ↑ ↓  稲藁のススキ

1-17.02.22 ススキ-2.jpg

1-17.02.22 菜の花-1.jpg

               ↑ ↓  菜の花

1-17.02.22 菜の花-2.jpg

1-17.02.22 ツグミ.jpg
              ↑  道端にいたツグミ

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

[家庭菜園] 昨日の収獲 : 大根  青ネギ
              大根も最後の1本を収穫しました。
                                      残っているのはネギだけでそれ以外にはエンドウが採れる
              まで何もありません。  
                                      ジャガイモ植付けの地づくりをしました。

1-17.02.22 昨日の収獲.jpg


nice!(144) 
共通テーマ:日記・雑感

紀の川河口の夕暮れ [風景]

和歌山県北部の1級河川 紀の川の河口に沈む夕日です。
 
この日はよく焼けていました。河口にあるエネルギーセンター (塵焼却場) の煙突から出
る煙が印象的でした。

1-17.02.10 紀の川河口の夕暮 -1.jpg

1-17.02.10 紀の川河口の夕暮 -2.jpg

1-17.02.10 紀の川河口の夕暮 -3.jpg

   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

[家庭菜園] 昨日の収獲 : 大根  ネギ

1-17.02.10 昨日の収獲.jpg


nice!(149) 
共通テーマ:日記・雑感

漁村の旧正月 [風景]

昨日1月28日(土)は旧暦の元旦でした。 ここ和歌山市雑賀崎の小さな漁村では現在でも
旧暦のお正月を祝う風習があります。従って漁はすべてお休みだそうで、 漁船には日の丸
や大漁旗が飾られ、浜辺には露天も並び、今年は土曜日で また 快晴無風という絶好のお
正月日和となりました。
聞くところによると子供達には旧正月を祝うのが大変楽しみだそうです。それはお年玉が
新暦と旧暦のお正月で2度もらえるからだと言っていました。
私が行ったのは13時頃でしたが小さな漁村のお正月に わなげ、くじびき、たいやき な
ど露天が5張、大人も子供も露天を梯子して楽しんでいる様子でした。私も たいやき を
2個買い家内と食べましたが久し振りで美味しかったです。
この1週間は春節祭、中国からのお客さんも多く南京町などは大賑わいだと思いますが、
こちらは和歌山市西南端の雑賀崎、小さな漁村の穏やかで静かな旧正月風景でした。

1-17.01.29 雑賀崎.旧正月-1.jpg
              ↑  雑賀崎漁港

1-17.01.29 雑賀崎.旧正月-2.jpg

             ↑ ↓  漁船には日の丸や大漁旗

1-17.01.29 雑賀崎.旧正月-3.jpg

1-17.01.29 雑賀崎.旧正月-4.jpg
               ↑ 浜辺には露天商

1-17.01.29 雑賀崎.旧正月-5.jpg
             ↑  久し振りに食べた鯛焼き


nice!(152) 
共通テーマ:日記・雑感

お正月飾り.葉ボタンの収獲出荷 [風景]

年の瀬も押し詰まり何かと気ぜわしい日を過ごしておられる方が多いこととと思います。

お正月の準備もそろそろ始める時期で、お正月飾りもその一つです。 門松 しめ縄 鏡餅 が
全国的に共通したものと思いますが、その門松に関西では松に3本の竹を中心として 前面
に紅白の葉ボタン さらに梅、南天、ユズリハ 等を添えて豪華にするお宅もあります。

その葉ボタン、和歌山県紀の川市の農家では今収獲出荷に追われています。限られた時期
に出荷しなければならないので、一家総出で収獲しているところが多く ここ1~2日が勝
負だと嬉しい悲鳴を上げていました。

お飾りの1つ、門松は昔のように大きな一対の松や竹を飾るお家はほとんど見受けなくな
り、ホームセンターなどで買ってくる可愛いお飾りが多いと思いますが、神様が下界に降
臨される時の目印となると言われることから小さくてもいい、心を込めて飾りたいと思い
ます。

1-16.12.26 葉ボタン-1.jpg
           ↑ 収穫直前の紅白の葉ボタン ↓ ↓ ↓

1-16.12.26 葉ボタン-2.jpg

1-16.12.26 葉ボタン-3.jpg

1-16.12.26 葉ボタン-4.jpg

1-16.12.26 葉ボタン-5.jpg
         ↑ このお宅は収穫がほとんど終わり最後の収穫中

1-16.12.26 門松.jpg
           ↑ ホームセンターに並べられていた門松

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

[我が家のミニミニ花壇] お正月も近づき我が家のミニミニ花壇の模様替えをしました。
            手作りで超狭い花壇でも買ってきたプリムラ(ジュリアン)を
            植えて気分転換です。鉢にも葉ボタンを寄せ植えしてみまし
            た。

1-16.12.26 ミニ花壇.jpg 1-16.12.26 葉牡丹.jpg
      ↑ プリムラを植えたミニ花壇       ↑ 鉢に葉ボタンの寄せ植え


nice!(150) 
共通テーマ:日記・雑感

和歌山(城)公園 モミジ渓庭園の紅葉 [風景]

本州では一番遅いのではないかと思われる和歌山(城)公園モミジ渓庭園の紅葉が盛りにな
りました。紅葉は昼夜寒暖の差が大きいほど綺麗な紅葉になると言われていますが、ここ
南国 和歌山でも ここの紅葉はお見事と言っても過言ではない美しさになります。

当方はこの和歌山(城)公園を自宅の庭園のように日常散歩しています。従ってモミジの色
のつき具合をほとんど毎日見ながら一番いいと思われた今月2日と3日にかけてカメラに
収めました。色が本当に鮮やかです。

このモミジ渓庭園は和歌山城へバスで観光に来られたお客さん達の天守閣への近道にもな
りますのでバスが何台も同時に着くとこの庭園が ごった返しになります。中国、台湾など
外国の方が多いのですが珍しいのか、細い庭園内の散歩道で右往左往して動きがとれない
状態になります。

紅葉のブログ記事では今年の最終に近いと思いますので最後までご覧いただければ幸いで
す。

1-16.12.05 紅葉渓庭園-1.jpg

1-16.12.05 紅葉渓庭園-2.jpg

1-16.12.05 紅葉渓庭園-3.jpg

1-16.12.05 紅葉渓庭園-4.jpg

1-16.12.05 紅葉渓庭園-5.jpg

1-16.12.05 紅葉渓庭園-6.jpg

1-16.12.05 紅葉渓庭園-7.jpg

1-16.12.05 紅葉渓庭園-8.jpg

1-16.12.05 紅葉渓庭園-9.jpg

1-16.12.05 紅葉渓庭園-10.jpg
             ↑ モミジ渓庭園を訪れた外国の方々


nice!(152) 
共通テーマ:日記・雑感

和歌山(城)公園の銀杏 [風景]

和歌山(城)公園の南濠(空濠)にある銀杏の大木が黄葉し見頃を迎えました。
12月2日(金)、雲が若干あるもののお天気は快晴 暖かく ほとんど無風、絶好の散歩日
和でした。  
銀杏の木は2本あるのですが黄葉する時期が今年は若干違い左側の木はまだ緑の葉がかな
り残っています。銀杏の木自体はそんなに太くありませんが(幹周り約3m)空濠にあるた
めか樹高があり、樹形のよい右側の銀杏の黄葉は見事です。
私が出かけたのはお昼直後だったのですがカメラマンが2人、子供連れのお母さん達も話
に花が咲いている様子でした。

1-16.12.03 銀杏-1.jpg

1-16.12.03 銀杏-2.jpg

1-16.12.03 銀杏-3.jpg


nice!(143) 
共通テーマ:日記・雑感

生石山のススキ [風景]

生石ヶ峰に散歩を兼ねススキを見に行って来ました。行ったのは先月中旬ですがパソコン
のトラブル等で記事にするのが遅れてしまいました。

生石ヶ峰は一般的には生石山 (オイシヤマ) と呼ばれ和歌山県紀美野町と有田川町の境界
にある標高870m の山で山頂付近は一面ススキが密生し、生石高原県立自然公園に指定
されていることもあって関西地方有数の観光地になっています。

この日は風がやや強かったもののお天気が良く大勢の人出で賑わっていました。2ヵ所あ
る駐車場もお昼過ぎには満車となり道路に駐車する車で数珠つなぎになっていました。

ススキは丁度見頃で一面真っ白、風になびく景色も見応えがありました。 駐車場から山頂
までの往復7,500歩、丁度よいハイキングになりました。

1-16.11.06 生石のススキ-1.jpg
             ↑ 山頂から見たススキの原っぱ

1-16.11.06 生石のススキ-2.jpg
             ↑ 写真中央尾根にカップルが居ます

1-16.11.06 生石のススキ-3.jpg
         ↑ 良いお天気でお弁当を広げている人も多かった

1-16.11.06 生石のススキ-4.jpg

1-16.11.06 生石のススキ-5 870.1m.jpg
              ↑ 山頂への道中のススキ

1-16.11.06 生石のススキ-6.jpg

1-16.11.06 生石のススキ-7.jpg 1-16.11.06 生石のススキ-8リンドウ.jpg
                          ↑ リンドウ

1-16.11.06 生石のススキ-9.jpg
           ↑ 山頂への途中にある天望台からの眺め

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

[家庭菜園] 昨日の収獲 : ホウレン草   小蕪

1-16.11.06 昨日の収獲.jpg


nice!(144) 
共通テーマ:日記・雑感

季節替わり [風景]

暑い暑いで過ごした今年の夏、台風10号が通過のあと朝夕涼しさを感じるようになり昼
間の酷暑ともお別れしたかに感じます。

それでも海辺に出てみると空には積乱雲、海上ではヨットやウインドサーフィン、夏を惜
しんでいるかのようです。でも初秋を思わせる ひつじ雲(高積雲)も出ています。今しばら
く夏と秋の季節が入り混じったお天気が続くのでしょうか。

1-16.09.02 ヨット-1.jpg

            ↑ ↓  和歌浦湾にて  ↓ ↓

1-16.09.02 ヨット-2.jpg 1-16.09.02 ウインドサーフィン.jpg

1-16.09.02 積乱雲.jpg

1-16.09.02 高積雲(ひつじ雲).jpg
              
↑ ひつじ雲 (自宅庭先にて)

   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 頂き物 : いつもご夫婦で尋ねて来てくれる元職場の旧友、今年2回目の梨を持って
       きてくれました。品種は幸水と交配してつくった名無しの梨、この名無し
       の梨、見た目にはあまり綺麗ではないのですが食べてみると大変瑞々しく
         また甘い、市販されていないだけに貴重品です。

1-16.09.02 幸水他.jpg
                                ↑  左は幸水、右の9個は名無しの梨  ↑


nice!(161) 
共通テーマ:日記・雑感

1級河川の井堰 [風景]

和歌山県北部を流れる1級河川紀の川の井堰です。立秋が過ぎて1週間余りにもなります
が連日真夏日の暑さが続いています。雨もこちらではもう長い間降らず川の水量も少ない
ですね。農家はもちろん当方の菜園も一雨ほしいところです。
井堰から流れ落ちる水に浸かってみたい心境です。   この暑さいつまで続くのでしょう
か。

1-16.08.15 井堰-1.jpg

1-16.08.15 井堰-2.jpg

1-16.08.15 井堰-3.jpg

1-16.08.15 井堰-4.jpg

いただきもの : いつも自宅でつくった果物を季節季節に届けてくれる元職場の同僚か
                        ら今度は梨を届けてくれました。 雨が降らないので玉太りが良くない
                        そうですが、それだけに大変甘いです。 もつべきは親友、ありがたい
                        ことです。

1-16.08.15 梨.jpg

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

[家庭菜園] 一昨日の収獲 : キュウリ  トマト
               トマトの残りはあと6~7個になってしまいました。

1-16.08.15 一昨日の収獲.jpg


nice!(175) 
共通テーマ:日記・雑感

春めいてきた和歌浦湾 [風景]

当方の自宅から数Km に位置する和歌の浦、地理的には和歌山県北部、和歌山市の南西部
に位置する景勝地で国の名勝にも指定されています。
和歌の浦は平安の昔から万葉集にも数多く詠まれ、1,950年代は新婚旅行のメッカとし
て栄えましたが、その後衰退の流れを止められず今では10軒足らずの旅館が細々と営業
している廃墟の入り混じった景勝地です。
その賑わった時期には新日本観光地100選 海岸の部で1位になったこともありますが、
残念ながら温泉資源がなく時代の流れに取り残されたままになっています。でも和歌の浦
には家康を祀る紀州東照宮をはじめ石造りの不老橋など歴史遺産が数多く残されており、
隣接する人工島にある複合レジャー施設「マリーナシティ」や関西トップクラスの「片男
波海水浴場」などを訪れる人達にもその良さが見直されつつあります。
和歌の浦(ワカノウラ)は現在一般的に和歌浦(ワカウラ)や新和歌浦(シンワカウラ)と呼ば
れ、関西空港から比較的近距離でもあり海岸美の良いことから、最近急激に増えつつある
外国人の宿泊受け入れ地として廃墟となっているホテルの再興を望む声もあるそうです。

「若の浦(ワカノウラ)に潮満ち来れば潟(カタ)を無(ナ)み葦辺(アシベ)をさして鶴(タヅ)
  鳴き渡る」、その形男波(カタオナミ)を遠望する春めいてきた和歌浦湾の景色です。
   [参考] 潟を無み(カタオナミ) →→ 片男波(カタオナミ)

1-16.02.27 新和歌浦から片男波.jpg
                   ↑ 和歌浦湾

和歌山市和歌浦、和歌浦湾



  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご近所の花 : 「金の成る木」と「白木蓮」です。我が家にも金の成る木が1本あるので
        すが花は全く咲きません。お金の出来ないのはこれが原因かも。
        白木蓮は例年より早く開花し始めたようです。

1-16.02.27 金の生る木.jpg 1-16.02.27 ハクモクレン.jpg
   ↑ ご近所の金の成る木の花         ↑ 開花し始めた白木蓮

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

[干し柿]
昨年末、干し柿をつくられた方も多いようでしたが、もう食べ終わってしまいましたか。
我が家では適当な硬さに乾いたところで冷凍保存をしていました。今年2月に入ってから
食べるだけ (1袋づつ) 冷凍室から出し冷蔵庫で保管しておくと、こんなに真っ白な果糖
が噴き出し大変甘く美味しくいただいています。今年も大成功でした。

1-16.02.27 干し柿.jpg
             ↑ 果糖の吹き出した干し柿


nice!(193) 
共通テーマ:日記・雑感

熊野灘の荒波 [風景]

1月18日~19日に本州最南端の串本町に行って来ました。朝遅い出発をしましたので
お天気は快晴でしたが風が大変強く、また昼間の気温も今までにない寒さでした。
周遊した写真はまだ整理が出来ていませんので記事は次回にしますが18日のランチをし
た紀伊大島 樫野崎の漁港付近の岩場に打ち寄せる熊野灘の荒波です。

1-16.01.20 荒波-1.jpg
            ↑ 左上の灯台は紀伊大島 樫野崎灯台

1-16.01.20 荒波-2.jpg

1-16.01.20 荒波-3.jpg


nice!(183) 
共通テーマ:日記・雑感