So-net無料ブログ作成
検索選択

立山黑部アルペンルート (Ⅱ) [旅行]

前回記事 "立山黑部アルペンルート (Ⅰ)" の続きです。

大観峰駅からトロリーバスで立山黑部アルペンルートの最高所 室堂駅(標高2,450 m)に着きました。一歩外に出るとまるで別世界のような雲一つない青空と銀世界、バスターミナルだけが除雪されていますがその積雪の深いと。ここで昼食と雪の大谷ウォークなどのため時間をとってくれましたので始めてゆっくりすることができました。
アルペンルートで誰もが期待している雪の大谷、ここだけは除雪してくれているので楽しく楽に散策できました。積雪の最も多いところは13m と表示されていました。気温は2℃と書いてありましたが良いお天気と風がないこともあって寒さは全く感じませんでした。

1-14.05.29 室堂-1.jpg

1-14.05.29 室堂-2.jpg

1-14.05.29 室堂-3.jpg

ここからは雪の大谷を目指してみなさん歩きます。除雪した道路の半分はバス道、あとの半分は歩行者用にロープで区画されています。バスは室堂と美女平を結ぶ立山高原バスです。

1-14.05.29 室堂-4.jpg

1-14.05.29 室堂-5.jpg

1-14.05.29 室堂-6.jpg

ここが積雪の最も多いところだそうで13m と表示されていましたが、この暖かさでは雪も溶けて若干低くなっているのではないかと思いました。

1-14.05.29 室堂-7.jpg

ここで雪の大谷ウォークとしての歩行者道は終わり、出発点の室堂バスターミナルの方に戻ることにしました。

1-14.05.29 室堂-8.jpg

1-14.05.29 室堂-9.jpg

1-14.05.29 室堂-10.jpg
              ↑ 室堂バスターミナル

立山黑部アルペンルートの最高所 室堂を後に美女平に高原バスで下ります。美女平までの標高差は約1,470m 時間にして約1時間、雪景色を見ていると退屈しませんでした。

1-14.05.29 室堂~美女平バス車窓から-1.jpg

1-14.05.29 室堂~美女平バス車窓から-2.jpg
            ↑ 落差350m の称名滝(車窓から)

美女平(標高977m) に近づいてくると太く大きな杉の木が多くなり雪も殆どなくなりました。

1-14.05.29 室堂~美女平バス車窓から-3.jpg
          ↑ 仙洞杉 (幹廻 9.4m  樹高21m) 車窓から

美女平から立山ケーブルカーで立山駅に下り、ここで回送して待っていたバスに乗り自宅へ帰ってきました。1泊2日の旅、ちょっと強行軍でしたが2日とも最高の良いお天気に恵まれ楽しく過ごすことが出来ました。

これで"黑部峡谷トロッコ列車"と"立山黑部アルペンルート" 1泊2日の旅行記を終わります。最後までご覧いただき有り難う御座いました。

     ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

[家庭菜園] 昨日の収獲 キュウリ  キュウリが本格的に採れ始め隔日には収獲が見込
      めます。

1-14.05.29 昨日の収獲.jpg


nice!(134) 
共通テーマ:日記・雑感

立山黑部アルペンルート (Ⅰ) [旅行]

第1日目 "黑部峡谷トロッコ列車" の続きです。

第2日は "立山黑部アルペンルート" です。 第1日目は長野県栂池高原で宿泊しましたが2日目は早朝7時にホテルを出発し扇沢に向かいますが出発が早いので少々きつかったです。道中 長野オリンピック時のスキージャンプ台などを車窓に見ながら扇沢まで約1時間、この日も雲一つない快晴の朝日に映える山々の雪と新緑が目を覚ましてくれました。
立山黑部アルペンルートは扇沢から6つの乗り物を乗り継いで富山県立山駅まで6~7時間かかりますが今が絶好のシーズンとあってどこの乗り換えも人人人でいっぱいでした。

1-14.05.27 長野オリンピックジャンプ台.jpg
           ↑ 長野オリンピック時のスキージャンプ台

1-14.05.27 関電トロリーバス.jpg
        ↑ 室堂から黑部ダムへの 関電トロリーバス

1-14.05.27 黑部ダム-1.jpg
             ↑ 黑部ダム堰堤(右上は展望台)

ダムは今の時期水量が少ないため放水していません (観光放水は6月26日~10月15日)
次の写真は放水時の状況をモニターで説明していたものを写したものです。

1-14.05.27 黑部ダム-2.jpg
              ↑ 黑部ダムの観光放水 (放水期間6月26日~10月15日)

1-14.05.27 黑部ダム-3.jpg
              ↑ 黑部ダムの今の貯水量

1-14.05.27 黑部ダム-4.jpg
             ↑ 黑部ダム堰堤から見る山々

1-14.05.27 黑部ダム-5.jpg
        ↑ 黑部ダム堰堤492m を歩いて渡ります (堰堤幅8.1m)

黑部ダム堰堤を歩いて渡った後、黒部湖駅から地下ケーブルカーで黑部平駅に登ります。
この間の高低差は358m 地下ケーブルのため何も見えません。

1-14.05.27 黑部平-1.jpg
             ↑ 一気に雪の中、黑部平駅での眺望

1-14.05.27 黑部平-2.jpg
   ↑ 次に登る大観峰駅へのロープウェイ.中央上に見えているのが大観峰駅

黑部平(標高1,828 m)から大観峰(標高2,316 m) 高低差 488 m のロープウェイには途中支柱が全くありません。標高差約500m を数分で一気に登りますので気圧の変化もあるのでしょうか家内が耳がおかしくなったと言っていました。

1-14.05.27 大観峰-1.jpg
     ↑ 大観峰駅から。今登ってきたロープウェイ、黑部湖も見えています。

1-14.05.27 大観峰-2.jpg
           ↑ 大観峰駅での眺望、雪景色が最高でした

ここからは立山の直下をトンネルで貫くトロリーバスでアルペンルートの最高所、室堂(2,450m)に向かいます。

1-14.05.27 立山トンネルトロリーバス.jpg
            ↑ 立山トンネル、トロリーバス

この続きは5月29日 "立山黑部アルペンルート(Ⅱ)" に続きます。

              ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

[家庭菜園] キュウリ初収獲 タマネギは早くから食べるだけ間引き収獲しています。

1-14.05.27 昨日の収獲.jpg


nice!(134) 
共通テーマ:日記・雑感

黑部峡谷トロッコ列車 [旅行]

入院していたパソコンが全快し退院しました。またブログを続けたいと思っていますのでよろしくお願いします。

パソコンが入院中 地元旅行社によるバスツアーで黑部峡谷と立山黑部アルペンルートへ1泊2日で行ってきました。
第1日目は黑部峡谷トロッコ列車の乗車記です。
早朝和歌山をバスで出発し名神、北陸道を走り宇奈月駅に直行、ここでトロッコ列車に乗り換え黑部峡谷の探勝が始まりました。北アルプスに深く刻まれた黑部峡谷はトロッコ列車でしか行けない日本一深い V 字谷の秘境で急峻な崖と深い谷をトンネルと橋で繋いで縫うように走ります。
トロッコ列車は屋根はあるものの窓も全くないオープンカー仕様で乗ってみて目前に迫る岩壁 渓谷の絶景、急カーブは自然美の美しさとともにスリル満点です。ただトンネルや樹木など障害物が連続していて写真を撮るのには不向きです。また急カーブの連続で車輪のきしむ音が大きく車内放送も聞こえないことが多かったが爽やかな良いお天気で大自然とスリルを堪能した往復2時間30分でした。

1-14.05.25 宇奈月駅.jpg
            ↑ トロッコ列車の始発駅、宇奈月駅

1-14.05.25 黑部峡谷-1.jpg
               ↑ トロッコ列車

1-14.05.25 黑部峡谷-2.jpg
                 ↑ 宇奈月ダム

1-14.05.25 黑部峡谷-3.jpg
       ↑ 湖上に浮かぶヨーロッパの城を思わせる新柳河原発電所

1-14.05.25 黑部峡谷-4.jpg
          ↑ お猿さんが対岸に渡れるように架けた猿橋

1-14.05.25 黑部峡谷-5.jpg
             ↑ トロッコ列車の乗車風景

1-14.05.25 黑部峡谷-6.jpg
                 ↑ 出し平ダム

1-14.05.25 黑部峡谷-7.jpg
     ↑ 途中の駅(鐘釣駅または終点の欅平駅までほとんど降りる人はなし)

1-14.05.25 黑部峡谷-8.jpg
 ↑ 200m も切り立った岸壁でねずみも登れないという「ねずみ返しの岸壁」

1-14.05.25 黑部峡谷-9.jpg
          ↑ 本支流が合流する黑部川の新緑

1-14.05.25 黑部峡谷-10.jpg

1-14.05.25 黑部峡谷-11.jpg
          ↑ 上を見ると頂はすべて積雪がそのまま

宇奈月駅に戻ってからは当日の宿泊地 長野県栂池高原に向かいました。栂池高原はスキーの本場で今の時期は雪はなくホテルも貸し切りのような状態でした。

1-14.05.25 栂池高原.jpg

スキー場に雪は全くありませんでしたが窓(5F)からは飛騨山脈の山々がよく見え、翌日の朝など快晴のお天気でまぶしいほどでした。

1-14.05.25 ホテルの窓から.jpg

第2日、立山黑部アルペンルートに続きます(記事は5月27日)


nice!(149) 
共通テーマ:日記・雑感

我が家の菜園は今 [家庭菜園]

昨日現在の我が家の菜園です。オランダエンドウは収獲を終わりました。ウスイエンドウは沢山採れすぎご近所などへお裾分けしても食べきれず今年も順次冷凍保存しています。

タマネギは晩生ですが大きくなっていますので自宅で食べるのに必要なだけは間引き収獲しています。

1-14.05.18 菜園-1.jpg

1-14.05.18 菜園-2.jpg

ジャガイモです。生育は順調で花が咲いてくるので私は毎年摘み取ることにしています。

1-14.05.18 菜園-3.jpg

大玉のトマトです。各株とも花が咲いています。病気が出やすく栽培が難しいのですが昨年同様沢山採れるか期待と心配が半々です。

1-14.05.18 菜園-4.jpg

キュウリです毎年沢山採れるので今年は5株に減らしました。大きく育っていますがまだ花は咲きません。

1-14.05.18 菜園-5.jpg

蔓が伸びるモロッコインゲンです。これも沢山とれるので5株に減らしました。蕾みがつき始めています。

1-14.05.18 菜園-7.jpg

枝豆です、今年も黒豆にしました。ビールのお供になくてはならないのですが何分菜園の面積が限られているので16株32本しかありません。

1-14.05.18 菜園-6.jpg

自宅のプランターに植えている大玉トマト1本とミニトマト1本のうちミニトマトが早くも実を太らせています。

1-14.05.18 菜園-9.jpg

ウスイエンドウは昨日収獲しましたが残り少なくなりました。後1回ないし2回で最終になります。

1-14.05.18 昨日の収獲.jpg

[お断り] パソコンの調子が思わしくなく個人病院に入院しています。皆さんのところに
     は退院次第訪問させていただきます。この記事は予約投稿です。


nice!(113) 
共通テーマ:日記・雑感

自宅のミニバラとご近所で見つけた花 [花]

自宅のプランターに植えているミニバラが咲きました。日頃の水遣りと初夏に若干の肥料を与えるくらいで毎年小さいが可愛い花をつけてくれます。手間のかからない花です。

1-14.05.16 自宅のミニバラ2.jpg 1-14.05.16 自宅のミニバラ-1.jpg

ご近所で見つけた花です。春はいろんな花が咲きますので草花などを入れると数えきれません。また花の名前がわからず ありきたりの花ですが名前のわかったものだけアップします。

1-14.05.16 カンパニュラ-1.jpg 1-14.05.16 カラー-1.jpg
     ↑ カンパニュラ              ↑ カラー 

1-14.05.16 ガザニア-2.jpg 1-14.05.16 ガザニア.jpg
                           ↑  ガザニア  ↑

1-14.05.16 ハイビスカス-1.jpg 1-14.05.16 ランタナ-1.jpg
     ↑ ハイビスカス             ↑ ランタナ

1-14.05.16 ヤグルマギク-1.jpg 1-14.05.16 キショウブ.jpg
      ↑ ヤグルマギク            ↑ キショウブ 

次の2枚は果物の花で保育園の庭に咲いていました。街中ではあまり見かけない花です。

1-14.05.16 キウイ-1.jpg 1-14.05.16 柿.jpg
       ↑ キウイの花             ↑ 柿の花
     


nice!(109) 
共通テーマ:日記・雑感

ウインドサーフィン [風景]

5月ともなると昼間は暑いくらいの暖かさです。和歌山県の白浜温泉では5月3日に海開きが行われました。
ここ和歌山市の浜の宮海水浴場では流石泳ぐ人はまだ見かけませんが、休日ともなるとウインドサーフィンをする人が多くなってきました。先日ちょっと覗いてみると10~15人くらいの人が楽しんでいました。
見ていてちょっと気になったのはウインドサーフィンをしている間を縫ってマリンジェットと言うんでしょうか、水上バイクか猛スピードで走り回っています。事故になってからでは遅い、それぞれ住み分けが出来ないんでしょうかね。

1-14.05.14 ウイドサーフィン-2.jpg

1-14.05.14 ウイドサーフィン-1.jpg

見ていてウインドサーフィンもかなりのスピードが出るものですね、私の感ですが30~40Km/hぐらい出ていると思いました。

1-14.05.14 ウイドサーフィン-5.jpg

遠くから見ているからでしょうがウインドサーフィンと水上バイクが一瞬衝突したかに見えました。

1-14.05.14 ウイドサーフィン-6.jpg

衝突もなく無事交差しました。それにしても水上バイクは大人と子供の4人乗りでした。

1-14.05.14 ウイドサーフィン-7.jpg

1-14.05.14 ウイドサーフィン-8.jpg


nice!(119) 
共通テーマ:日記・雑感

みかんの花 [花]

み~かんの花~が~咲い~ている--------、音痴だね。
小学生の頃習った童謡 "みかんの花咲く丘" が思い出されます。そのみかんの花が今満開で甘い蜜の香りを一杯ただよわせています。
みかんの本場、和歌山県有田市の道を車で走っているだけで、みかんの花が咲いていることがわかります。ハウス栽培ではもう早生みかんそのものが出荷されていますが、一般的には10月頃からの収獲で花が済めば摘果や消毒、お天気が続けば散水と忙しい農家の方々です。みかんは誰にでも好かれる果物で今年も美味しいみかんの食べられるのを楽しみにしています。

1-14.05.12 みかんの花-3.jpg

1-14.05.12 みかんの花-2.jpg

1-14.05.12 みかんの花-1.jpg

1-14.05.12 みかんの花-4.jpg

1-14.05.12 みかんの花-5.jpg

              ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

[昨日の収獲] オランダエンドウ、ウスイエンドウ(今が最盛期)

485-14.05.12 昨日の収獲.jpg
   ↑  オランダエンドウ   ↑ ウスイエンドウ    ウスイエンドウの実 ↑


nice!(126) 
共通テーマ:日記・雑感

藤棚散歩 [花]

和歌山県有田川町の吉田農園では今 藤の花で賑わっています。品種(白色)によってはやや見頃を過ぎているものもありますが全体的には丁度見頃です。ここの藤は5種類 約150本1500㎡ 以上、藤園を始めてから15年、開園してから9年になり花房の多いことで人気がありますが知る人ぞ知る穴場的な藤園です。
この農園では藤の花の他、ブドウ、柿、梨、リンゴも栽培されており観光農園として秋には果物狩りも楽しめます。

1-14.05.10 藤の花-1.jpg

花の房が大変多く藤棚の中に入ると日が全く差さず暗いほどでした。

1-14.05.10 藤の花-2.jpg

1-14.05.10 藤の花-3.jpg

花一つ一つが八重咲きのような変わり種の藤もあります、

1-14.05.10 藤の花-4.jpg

                                                                       ↑ ↓ 八重咲きの藤

1-14.05.10 藤の花-5.jpg 1-14.05.10 藤の花-6.jpg
      ↑ 一般的な藤              

1-14.05.10 藤の花-8.jpg

母の日プレゼント
  明日11日が母の日ですよね。家内がいつも通っているスーパーマーケットのレジ係
  のお姉さんから母の日にと言ってお花をプレゼントされました。毎日行くので顔なじ
  みとは言えレジのお姉さんからのプレゼントに目を白黒。 母の日と言えばカーネー
  ションですがこの花の名前はわかりません。でもやっぱり嬉しそうでした。

1-14.05.10 母の日プレデント.jpg

       ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

[昨日の収獲] オランダエンドウ、ウスイエンドウ
       今 エンドウの収獲最盛期です。自宅だけでは食べきれずご近所に何回も
       お裾分けして消化しています。嬉しい悲鳴です。

484-14.05.10 昨日の収獲.jpg
        ↑ オランダエンドウ     ↑ ウスイエンドウ


nice!(134) 
共通テーマ:日記・雑感

関西花の寺.24番札所参拝 [花]

関西花の寺25ヶ寺のうち24番札所 和歌山県橋本市の子安地蔵尊(コヤスジゾウジ)にお詣りしてきました。ご本尊は地蔵菩薩で紀州徳川家代々の安産祈願所とされていたことから安産のご利益が高いとされ、花の時期以外にも特に妊婦の方のお詣りが多くなっています。花の寺としては藤の花が特に有名で 藤の寺 とも呼ばれ広く知れ渡っています。私がお詣りしている時も貸し切りバス2台が駐車していました。
藤の花は8種類20数本あり、古木だった9尺藤の2代目もまだ若木ながら花を沢山つけていました。

1-14.05.08 子安地蔵尊-1.jpg
                ↑ 本尊

山門をくぐると先ず小振り袖 袴姿の若い藤娘2人が出迎えてくれます。 藤娘は毎年地元
橋本市内から選ばれ、藤の期間中お客さんの案内や撮影会のモデルとして花を添えてくれ
ます。

1-14.05.08 子安地蔵尊-3.jpg

1-14.05.08 子安地蔵尊-2.jpg

1-14.05.08 子安地蔵尊-4.jpg

1-14.05.08 子安地蔵尊-5.jpg

1-14.05.08 子安地蔵尊-6.jpg

1-14.05.08 子安地蔵尊-7.jpg

1-14.05.08 子安地蔵尊-8.jpg
                ↑ シャクナゲ

1-14.05.08 子安地蔵尊-9.jpg
                  ↑ 牡丹

これで関西花の寺、5ヶ寺の記事を終わります。最後までご覧いただきありがとうございました。


nice!(127) 
共通テーマ:日記・雑感

関西花の寺22.23番札所参拝 [花]

関西花の寺25ヶ寺のうち、今日は奈良県の22番札所 船宿寺 と23番札所 金剛寺 につ
いてアップします。 花の寺のお詣りは花が咲く時期としては4~5月に多いので出来るだ
け同じ地域のお寺を組み合わせお詣りするようにしていますが、微妙に咲く時期が異なる
ので若干早かったり遅かったり上手くいかないものです。

第22番札所.奈良県御所市 船宿寺(センシュクジ)
  ご本尊は薬師如来(秘仏)で心や身の病、悩みをお救いになるので医王山 船宿寺と呼ば
  れています。 花の寺としては平戸ツツジや霧島ツツジ、シャクナゲ、オオデマリ、シ
  ャガの花が綺麗でした。 でも時期的にまだ少し早くここも連休明けぐらいが平戸ツツ
  ジの1番見頃になりそうてでした。

1-14.05.06 船宿寺-1.jpg
                 ↑ 本堂

1-14.05.06 船宿寺-2.jpg
              ↑ 平戸ツツジと霧島ツツジ

1-14.05.06 船宿寺-3.jpg
                ↑ シャクナゲ

1-14.05.06 船宿寺-4.jpg
                ↑ オオデマリ

1-14.05.06 船宿寺-5.jpg
                 ↑ シャガ

第23番札所.奈良県五條市 金剛寺(コンゴウジ)
  ご本尊は薬師如来で無病長寿、祈祷の寺として信仰を集めています。花の寺としては
  牡丹の花があまりにも有名で私がお詣りしている間にも貸し切りバスが3台到着しま
  した。牡丹の花は見頃を若干過ぎており3~4日遅かったようです。

1-14.05.06 金剛寺-1.jpg
                 ↑ 本堂

1-14.05.06 金剛寺-2.jpg

           ↑ ↓ 牡丹(遅咲きの黄牡丹が丁度見頃でした)

1-14.05.06 金剛寺-3.jpg

1-14.05.06 金剛寺-4.jpg
             ↑ シャクヤク(こちらは早咲きですね)

1-14.05.06 金剛寺-5.jpg
               ↑ ジャーマンアイリス

次回記事(5月8日)、関西花の寺24番札所参拝に続きます。


nice!(125) 
共通テーマ:日記・雑感

関西花の寺19.21番札所参拝 [花]

関西花の寺25ヶ寺のうち今回は奈良県の4ヶ寺と和歌山県北東部にある1ヶ寺にお詣り
してきましたが、今日は奈良県の19番札所 長岳寺と、21番札所 当麻寺西南院について
アップします。

第19番札所.奈良県天理市 長岳寺(チョウガクジ)
  ご本尊に阿弥陀三尊を祀り1,170年余りの歴史がある古刹で文化財も多く重文に
  は仏像5体、建造物4棟があります。花の寺としては四季折々の花がありますが今
  の時期は参道両側に咲く平戸ツツジが有名です。
  でも私がお詣りした5月1日ではまだ花は早いもので5分咲き、全般的には2~3
  分咲きといったところで連休明け位が1番いいのではないかと思いました。

1-14.05.04 長岳寺-1.jpg
                 ↑ 本堂

1-14.05.04 長岳寺-2.jpg
             ↑ 祠横に咲く平戸ツツジ

1-14.05.04 長岳寺-3.jpg
          ↑ 境内の池に映える若葉が大変綺麗でした

1-14.05.04 長岳寺-4.jpg
             ↑ 4~5分咲きの平戸ツツジ

1-14.05.04 長岳寺-5.jpg

第21番札所. 当麻寺 西南院(タイマデラ サイナイン) 
  ご本尊は重文の十一面観音菩薩で万病消滅、富貴自在の仏と言われています。
  また女性的な和らか味のある庭園と水琴窟、沢山の牡丹やシャクナゲが有名です。
  牡丹の花が雨に濡れて痛まないよう傘を差し掛けたり日除けの寒冷紗をしているのも
  花や見る人に対する思いやりですね。

1-14.05.04 当麻寺西南院-1.jpg
                  ↑ 本堂

1-14.05.04 当麻寺西南院-2.jpg

          ↑ ↓ 傘を差し掛けた牡丹(丁度見頃でした)

1-14.05.04 当麻寺西南院-3.jpg
 

1-14.05.04 当麻寺西南院-4.jpg
                ↑ シャクナゲ

1-14.05.04 当麻寺西南院-5.jpg
              ↑ 1番遅咲きの黄牡丹

次回記事(5月6日)、関西花の寺22.23番札所参拝に続きます。


nice!(122) 
共通テーマ:日記・雑感

城崎温泉と玄武洞.コウノトリの郷公園 [旅行]

関西花の寺へお詣り(前回記事)した後は近くの城崎温泉で1泊してきました。城崎温泉は1300年の歴史があり狭い道の両側に旅館が並んでいます。温泉街を少し離れるとホテルもありますが中心街はほとんど木造の和風旅館です。

今回泊まったのも ほぼ温泉街の中程にある和風旅館の1軒で建物はかなり古いが内装はリフォームされまずまずのお部屋でした。食事も夕朝とも部屋食で時間にも余裕があったのと連休前の平日だったのですべてゆっくり、のんびりできました。
料理は一々説明してくれましたがよく覚えていません。カサゴの活け造りやノドグロ(赤ムツ)の煮付けなど大変美味しかったです。ノドグロはこの地方では幻の高級魚と呼ばれているそうで私は聞いたことはあるがあまり食べたことのないお魚でした。

1-14.05.02 城崎温泉旅館.喜楽-1.jpg
         ↑ 部屋食(部屋食はあまり好みではないのですが)

1-14.05.02 城崎温泉旅館.喜楽-2.jpg
            ↑ カサゴの活け造り 他 お造り

お酒はあまり飲めませんが好きな方ですので旅行すれば必ず地酒と決めています。今回は気候もよかったので冷酒でいただきました。

1-14.05.02 城崎温泉旅館.喜楽-3.jpg
              ↑ 地酒(冷酒でいただきました)

1-14.05.02 城崎温泉旅館.喜楽.家族風呂.jpg
               ↑ 陶器製の家族風呂

早い夕食を終わったあとは城崎名物の外湯めぐりをしました。城崎温泉には外湯は7ヶ所ありすべての湯に入れるパスポートをくれましたが私どもは2ヶ所だけにしました。話しを聞くと7ヶ所全部入ってくる強者もいるそうですがお風呂もあまり何ヶ所も入ると疲れますよね。

1-14.05.02 一の湯.jpg
                ↑ 外湯(一の湯)

1-14.05.02 御所の湯.jpg
               ↑ 外湯(御所の湯)

翌日はゆっくり出発し近くの国立公園、国指定天然記念物、ジオパークの玄武洞を見学し
ました。この岩盤に見られる規則正しい割れ目を節理と呼ぶそうで柱のようになっている
のを柱状節理と言い自然の作った美しさに感嘆しました。
玄武洞に隣接して青龍洞、白虎洞、朱雀洞があります。

1-14.05.02 玄武洞.jpg
                 ↑ 玄武洞

1-114.04.23 青竜洞-001.jpg
                 ↑ 青龍洞

この後は同じ豊岡市にあるコウノトリの郷公園に向かいました。最近は自然に放鳥されたコウノトリが飛来したとか営巣し雛がかえったとかよく耳にします。そのコウノトリを間近で見られるのがこのコウノトリの郷公園です。
ここには沢山iいるそうですが観察ゾーンにいるのは10羽ぐらいでした。望遠レンズを持っていませんでしたが十分観察することができました。折しも放鳥されたものか、その子供なのか、上空を飛んでいる1羽も見ることができました。係の方のお話では今の時期14時頃には上空に何羽も飛来するのが見られるそうです。

1-14.05.02 コウノトリの郷公園-1.jpg
              ↑ コウノトリの郷公園

以下 観察ゾーンで見られたコウノトリ。あまり動きませんので置物と見間違えられることがあるそうです。

1-14.05.02 コウノトリの郷公園-2.jpg

1-14.05.02 コウノトリの郷公園-3jpg.jpg

1-14.05.02 コウノトリの郷公園-4.jpg

上空に飛来したコウノトリ。望遠レンズがなくてもこの程度に撮れました。

1-14.05.02 コウノトリの郷公園-5.jpg

以上で1泊2日にわたった花の寺お詣りと城崎温泉、玄武洞、コウノトリの郷公園の記事
を終わります。 最後までご覧いただきありがとうございました。


nice!(125) 
共通テーマ:日記・雑感